野菜の栄養をできるだけ取りたい!4つの食べ方を比較します

ger_r

野菜は「生、煮る、炒める、蒸す」など
沢山の食べ方があります。

できるだけ栄養を取りたいのですが
どれが良いのでしょうか?

どれが良いのか気になったので
徹底的に比較してみました。

・生で食べるメリット、デメリット
・炒めて食べるメリット、デメリット

・煮て食べるメリット、デメリット
・蒸して食べるメリット、デメリット
を紹介します。

スポンサーリンク

 

生で食べるメリット、デメリット

メリット

加熱すると栄養素が壊れます。
ビタミンB1、ビタミンC、
酵素などです。

野菜は栄養素が壊れないので
栄養素を丸ごと食べられます。

「素材の味をそのまま味わいたい」
「栄養素を壊したくない」
と思うなら生野菜がオススメです。

デメリット

加熱すると水が蒸発したり
カサが減ります。

加熱しないと
カサがそのままです。

カサがそのままなので
加熱するより
食べる量は少なくなります。

生野菜は加熱するより硬いです。

硬いので消化しにくく
消化吸収に
エネルギーを使ってしまいます。

スポンサーリンク

「加熱すると・カサが減る
・栄養が壊れる
・消化しやすくなる」
と考えてください。

炒めて食べるメリット、デメリット

脂溶性ビタミンを油で炒めると
消化、吸収しやすくなります。

「脂溶性ビタミンって
どんな物があるの?」と
あなたは思うかもしれません。

ビタミンA、D、E、Kが
脂溶性ビタミンです。

野菜で言うと
ほうれん草、小松菜、ニンジン、
かぼちゃなどですね。

デメリット

油を使うので
「油のカロリーが気になる人」は
ゆでたり蒸すのをオススメします。

ゆでて食べるメリット、デメリット

メリット

油を使わないので
ヘルシーです。

沢山の量を取りたいけど
カロリーが気になる時に
オススメです。

ラーメンやパスタなどと
一緒に作れます。

ラーメンやパスタを作る時は
野菜も一緒にゆでるのが簡単です。

デメリット

ゆでると水溶性ビタミン
湯に溶け出てしまいます。

その湯を捨てると
水溶性ビタミンが
失われるので注意してください。

水溶性ビタミンは
ビタミンBとビタミンCです。

「どうすれば水溶性ビタミンも
取れるの?」と
あなたは思うかもしれません。

味噌汁やスープにすると
水溶性ビタミンも一緒に取れます。

蒸すメリットとデメリット

メリット

水溶性ビタミンは
茹でてその水を捨てたら
失われてしまいます。

ですが蒸すと
水溶性ビタミンが無くなりません。

「水溶性ビタミンをしっかり取りたい」
という時は蒸すのがオススメです。

デメリット

蒸し器を準備するのが
ちょっと大変ですね。

あなたの家に
蒸し器が無いなら準備してください。

まとめ

野菜の食べ方は
「生、炒める、ゆでる、蒸す」が
あります。

それぞれにメリット、デメリットがあります。

「カロリー、食感、栄養素、
消化吸収のしやすさ」などを考えて
選んでください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ