一日に必要な野菜の摂取量を知りたい!厚生労働省に聞いてみた

egar_r

厚生労働省は
日本国民の生活を向上させる事を
目標にしています。

国力を思い切り使って
「健康作り運動」をやっています。

どんな取り組みなのか気になります。
一日に必要な野菜の摂取量
発表します。

スポンサーリンク

 

厚生労働省の取り組み

厚生労働省は
「国民・健康栄養調査」をしています。

この調査で国民の野菜の平均摂取量が
分かっています。

平均摂取量は
成人男性290g、成人女性270gです。

これは多いのでしょうか?
厚生労働省の健康作り運動「健康21」の
目標値は350g以上です。

350gというのは
農林水産省も推薦しています。

これを考えると少ないですね。
野菜は一皿70gと言われています。

ですから一日野菜を5皿
食べるようにしてください。

スポンサーリンク

野菜は多少食べ過ぎても問題ないので
積極的に食べるようにしましょう。

家で料理をする時に
野菜を一品加えたりしてください。

野菜には様々な効果があります。
画像やイラストと一緒に紹介します。

「野菜の効果一覧!
イラストと一緒に紹介します」の記事はこちら

「野菜の効果一覧!
画像と一緒に紹介します」の記事はこちら

「おいしくて栄養を高い野菜」を食べるには
旬の野菜を食べる事をオススメします。

「野菜の旬」を知って
賢く野菜を選びましょう。

「野菜の旬まとめ!
おいしい季節はこの時」の記事はこちら

一日に必要な野菜の摂取量

野菜の摂取量は緑黄色野菜、
淡色野菜など種類によって
少し違います。

年齢でも必要な摂取量は変わります。
必要な摂取量を詳しく見てみましょう。

「必要な食品摂取量を発表!
年齢別にまとめてみた」の記事はこちら

あなたが大人なら
大学生の所を参考にしてください。

野菜だけでなく果物、海藻類などが
年齢別に分かります。

あなただけでなく
子供にも役立ちます。

大人は緑黄色野菜120g
淡色野菜230gですね。

「緑黄色野菜と淡色野菜の違い」
知っておくのも大切です。

きちんと栄養を取り
健康な生活を送りましょう。

まとめ

厚生労働省、農林水産省が
国力を思い切り使い
健康作り運動をしています。

野菜は一日350g以上を
食べるようにして下さい。

野菜の効果を知ると
食べるのが楽しくなります。

年齢別の必要摂取量を
知っておくのもオススメです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ