野菜を室内で栽培する方法!簡単に栽培するステップを紹介

agr_r_r

野菜を育てたいのですが
畑を持っていません。

そんな時も室内で栽培すれば
問題ありません。

室内なので準備も簡単です。
「栽培するステップ」
順番に紹介します。

スポンサーリンク

 

①野菜を選ぶ

室内で野菜を栽培するので
場所を取らなくて
簡単な野菜を選びましょう。

「どんな野菜が良いの?」と
あなたは思うかもしれません。

初めは葉野菜が簡単です。
キャベツ、レタス、ほうれん草、
バジル、ルッコラなどです。

慣れてきたら実野菜に
挑戦してください。

トマト、ナス、ピーマン
ブロッコリーなどです。

根野菜は
スペースが必要なので
室内では難しいです。

最初は葉野菜を栽培してみて
慣れてきたら実野菜を栽培するのが
王道です。

野菜の成長を見ていると
毎日の世話が楽しくなります。

収穫して食べるのも
「買った野菜とは違った
おいしさ、達成感」があります。

②入れ物を準備する

室内で大きな入れ物を
準備できない事があります。

栽培スペースが沢山あれば
プランターを準備してください。

「プランターで野菜を栽培したい!
3つのコツを発表」の記事はこちら

栽培スペースが少なければ
ペットボトル、プラスチックトレー、
プラスチックコップなどを
使って下さい。

「上手にできるか不安!」
と言うなら家庭菜園キットを
使ってください。

スポンサーリンク

最近では100円ショップや
ホームセンターで売っています。

一個買ってみて
試して欲しいです。

③日々の世話

野菜、入れ物を選んだら
育てていきましょう。

水の量は注意してください。
水が少ないと枯れてしまい
多すぎるとと腐ってしまいます。

「野菜の種類、
育ち方」を見て
適切な水の量を判断してください。

日光も野菜には大切です。
できるだけ日当たりの良い所で
育ててください。

ですが家だと
日光が当たらない時って
ありますよね。

そんな時はLED電球を
使ってください。

これがあれば
太陽が当たらなくても
野菜はグングン育ちます。

後は肥料も大切です。
「化成肥料と有機肥料の違い」を抑えて
使い分けてください。

「野菜栽培には肥料が大切!
化成肥料と有機肥料の違い」の記事はこちら

まとめ

野菜を室内で栽培するには
3ステップをやってみてください。

最初は葉野菜、慣れてきたら実野菜が
オススメです。

場所があればプランター、
無ければトレー、コップなどを
使ってください。

肥料を上手く使って
どんどん野菜を育てましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ