野菜をプランターで簡単に栽培したい!3つのコツを発表します

ger_r_r

野菜を自分で栽培すると
達成感があって楽しいです。

プランターで栽培するには
どんな事を気をつければ
良いのでしょうか?

「上手に栽培する3つのコツ」があるので
見てみましょう。

スポンサーリンク

 

①野菜選び

プランターで「育てやすい野菜」と
「育てにくい野菜」があります。

あなたがプランター菜園初心者なら
「育てやすい野菜」から
やっていきましょう。

「どんな野菜が育てやすいの?」と
あなたは思いますよね。

栽培期間が短くて
手間がかからない野菜が良いです。

例えばリーフレタス、
ラディッシュ、ベビーリーフ、

トウガラシ、バジル、
シソ、トマト、
ピーマン、ほうれん草などです。

一度育てれば
要領が分かってきます。

まずは簡単な野菜から
やってみましょう。

慣れてきたら
難しい野菜にも
挑戦してください。

②プランターを選ぶ

育てやすい野菜でも
プランター選びを間違えたら
台無しです。

水を使うので
ダンボールを使うと
壊れてしまいます。

オススメなのは
プラスチックです。

軽くて丈夫なので
持ち運びも疲れません。

軽さよりデザイン性重視なら
木や陶器を使っても良いですね。

スポンサーリンク

大きさも大切です。
小さなプランターだと
十分に野菜が育ちません。

15L~25Lくらいのプランター
選んでください。

大きすぎると
持ち運びが大変になります。

「あなたの力」「使える面積」など
考えて丈夫に選んでください。

「あなたの力」「使える面積」など
考えて丈夫に選んでください。

プランターで大切なのが排水です。
「よく育って欲しい」と
水をあげすぎたら腐ります。

「底or側面にメッシュがあるプランター」を
選んでください。

③肥料

野菜を上手く育てるには
肥料が大切です。

肥料には「窒素、リン酸、カリウム」が
主に入っています。

このバランスが大切なので
意識してください。

キュウリなど実がなる物は
リン酸が多め、

ほうれん草など葉野菜は
窒素が多めの物を
選んでください。

化成肥料、有機肥料の
どちらを選ぶかも大切です。

化成肥料の特徴は
・成長が速い
・安い
・原料は化学素材

有機肥料の特徴は
・成長がゆっくり
・高い
・原料は自然素材

などの違いがあります。

それぞれの特徴を抑えて
使い分けてください。

まとめ

野菜を栽培するには
野菜選びが大切です。

初心者なら
簡単な野菜から
やっていきましょう。

プランターの
オススメはプラスチックです。

木や陶器は重いですが
デザイン性が高いです。

肥料を上手く使って
おいしい野菜を栽培してください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ