庭で野菜を栽培する簡単な方法はコレ!おいしい野菜を育てるステップ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

庭に野菜があると
見ているだけで 安心します。

成長を見るだけでなく
食べた時の達成感も大きいです。

庭で野菜を栽培するには
「正しいステップ」があります。
これを抑えて おいしい野菜を育ててください。

スポンサーリンク

①野菜を選ぶ

野菜を育てるのに
大切なのは季節です。

季節を間違えると
上手く育ちません。

「春なら春、夏なら夏の野菜」を
選んで下さい。

「季節の野菜を分からない!」と
あなたは思うかもしれません。

そんな時は「旬の野菜」
見てみましょう。

「旬の野菜はコレ!
今の時期にオススメの野菜」の記事はこちら

これは野菜を栽培する時だけでなく
野菜を買う時にも使えます。
旬の野菜は安くて おいしいです。

野菜を栽培する時、
買う時に参考にしてください。

②土にこだわる

野菜にとって
土はとても大切です。

「土の質で成長が決まる」
言っても良いです。

庭がコンクリートだったら
野菜を育てられません。

良い土は 「水はけが良い、通気性、
保水性が高い、 害虫が少ない、

フカフカしている、 肥料が含まれている、
養分がある、 清潔でゴミなど含まれていない、
微生物が沢山いる」などです。

スポンサーリンク

「そんな土にするのは難しい!」と
あなたは思うかもしれません。

それなら肥料を使って下さい。
肥料を上手く使うと
野菜が成長しやすいです。

「野菜を育てるには肥料が大切!
化成肥料と有機肥料の違い」の記事はこちら

「化成肥料と有機肥料の違い」は
とても大切です。
違いを参考にして 使い分けてください。

③入れ物を選ぶ

「庭の土」が良いなら
そのまま植えれば良いです。

ですが庭がコンクリートだったり
土の質が悪いなら
肥料を使ってください。

肥料を庭全体にまくよりも
プランターなどを使った方が
簡単で効率が良いです。

プランターを活用するコツがあります。
あなたがプランターを使う時は
参考にして下さい。

「野菜を育てるにはプランターが効果的!
上手く育てる3つのコツ」の記事はこちら

「庭の土に自信があれば
庭の土をそのまま使う、

土に自信が無かったり
コンクリートだったら
プランターを使う」と 考えて下さい。

まとめ

庭で野菜を栽培するには
コツがあります。

コツを抑えて
上手く野菜を育ててください。

おいしく効率よく育てる為に
旬の野菜を選んでください。

土で野菜の成長が変わります。
土の質にこだわってください。

もし庭の土に自信が無いなら
プランターと肥料を 使いましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ