野菜の卸値はいくらなのか調査!推移を徹底的に調べてみた

gear_r

「食べている野菜」って
卸値はいくらなのか
考えた事ってありますか?

スーパーで買う事は多いですが
卸値を知る事は少ないですよね。

野菜の卸値が気になったので
調べてみました。

卸値では難しいですが
できるだけ安く手に入れたいです。

・野菜の卸値
・卸値の推移

・安く買う秘訣
を紹介します。

スポンサーリンク

 

野菜の卸値

野菜の卸値を知る機会って
少ないですよね。

この機会に知っておきましょう。
1kgあたりの卸値を紹介します。
(2015年6月現在)

大根130~150円
かぶ160円

ニンジン210円=250円
ごぼう430円

レンコン2200円
白菜160円~180円

水菜400円
小松菜500円

キャベツ130円
ほうれん草700円

スポンサーリンク

ネギ600円
三つ葉800円

春菊1000円
ニラ500円=700円

セロリ540円
アスパラ1600円~1800円

カリフラワー430円~500円
ブロッコリー800円

レタス500円
サラダ菜650円~800円

パセリ1700円
チンゲンサイ360円~480円

きゅうり280円~350円
かぼちゃ280円

なす400円~560円
トマト320円~380円

ピーマン500円
などです。

安いと感じますか?
高いと感じますか?

1kgって考えると
安いですね。

卸値の推移

卸値はどのように
変わっているのでしょうか?

景気、気候などで
卸値は変わります。

やはり旬が
とても関係してきます。

沢山取れる時期は安くて
取れない時期は高くなります。

「需要と供給のバランス」
卸値が決まります。

需要が多くて供給が少ないと
卸値が高くなり

需要が少なくて供給が多いと
卸値が低くなります。

野菜の旬を知ると
卸値の推移が見えてきます。

「旬の時期は安い、
旬でない時期は高い」と
考えてください。

「おいしい野菜を食べたい!
旬の季節を一覧にしてみた」の記事はこちら

安く買う秘訣

スーパーなどで買うより
卸値で買う方が基本的に高いです。

安く買うには
どうすれば良いでしょうか?

「安く買う秘訣」があるので
覚えておいてください。

・旬の時期に買う
・できるだけまとめて買う

・農家から直接買う
(ネット、宅配、道の駅etc)

・大きすぎる、小さすぎるなど
訳あり商品を買う。
などを意識してください。

まとめ

「卸値とスーパーの価格」を
比べてみるとおもしろいです。

野菜の価格は
「需要と供給のバランス」で
決まります。

「安く買う秘訣」があるので
参考にしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ