野菜のおかずを冷凍したい!作り置きに役立つ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

毎日おかずを作るのって
大変ですよね。

そんな時に役立つのが
冷凍保存です。

まとめて作って冷凍しておけば
解凍するだけで食べられます。

・冷凍保存する方法、注意点
・冷凍保存に向いている料理

・冷凍保存に向いていない料理
を紹介します。

スポンサーリンク

 

冷凍保存する方法、注意点

冷凍保存の方法は簡単です。
間違えると腐ったり大変です。

「正しい冷凍保存の方法」
「冷凍保存の注意点」を
確認してください。

「冷凍保存する方法が便利!
意外な注意点も発表」の記事はこちら

冷凍保存の方法、注意点が分かりました。
次にオススメの料理を見ていきましょう。

冷凍保存に向いている料理

冷凍保存にオススメの料理は
「水分が少ない物」です。

水分がある料理を
冷凍保存すると
水っぽくなったり鮮度が悪くなります。

「調理方法」で考えると
分かりやすいです。

炒め物は冷凍保存に適しています。
ゆでたり蒸した物は
水分があるのでオススメできません。

「それぞれの調理方法の特徴」を
知っておくと便利です。

「調理方法でおいしくなる!
4つの調理方法を徹底比較」の記事はこちら

冷凍保存に向いていない料理

「冷凍しない方が良い食材」も
あります。

これらを冷凍すると
おいしくなくなるので注意してください。

じゃがいも
(水っぽくなる)

じゃがいもはコロッケなどにして
水分を抜いておけば
冷凍しても大丈夫です。

スポンサーリンク

こんにゃく
(水分が無くなり
食感が悪くなる)

豆腐
(水分が無くなり
食感が変わる)

たけのこ
(味が薄くなる)

大根
(硬くなり水分が減る)

もし冷凍するなら
大根おろしにした方が良いです。

ピーマン
(鮮度が落ちて
軟らかくなる)

麺類(もろくなったり
コシが無くなる)

水分が多い野菜
(きゅうり、レタス、キャベツetc)

「冷凍保存の方法」
「冷凍保存の注意点」

「冷凍保存にオススメの料理」
「冷凍しない方が良い食材」が
しっかり分かりましたか?

これらを知っておけば
どんな料理にも使えます。

冷凍保存をマスターして
安全においしく
野菜のおかずを食べてください。

まとめ

「 冷凍保存する方法、注意点」を
しっかり抑えておきましょう。

炒め物は冷凍保存に向いています。
水分の多い物、ゆでた物は
向いていません。

冷凍保存をする時は
「冷凍保存に向いているおかず」を
選んでください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ