夏に野菜を簡単に栽培したい!上手に育てるコツを紹介します

gaer_r_r

夏野菜はおいしい物が
多いですよね。

暑いからこそ
野菜がグングン育ちます。

「夏に野菜を栽培するコツ」があります。
これを参考にして
野菜を育ててください。

スポンサーリンク

 

①野菜の旬を知る

どんなに育て方が上手くても
冬が旬の野菜は
夏には育ちません。

冬の野菜を夏に育てると
暑すぎてダメになってしまいます。

「旬が夏の野菜」
選んでください。

「夏の野菜は何があるの?」と
あなたは思うかもしれません。
「野菜の旬」を見てみましょう。

「野菜の旬を発表!
夏にはコレがオススメ」の記事はこちら

②育て方を知る

野菜の育て方は色々あります。
プランター、室内、ベランダなど
場所によって育て方は違います。

あなたに合った物を選んでください。
場所が許す限り広い場所で
野菜を育ててください。

広ければ広いほど
野菜は育ちやすくなって
可能性が広がります。

「プランターで野菜を育てる方法!
3つのコツを発表します」の記事はこちら

「室内で野菜を栽培したい!
簡単に栽培する3ステップ」の記事はこちら

「ベランダで野菜を育てる!
ベランダだからこそできる育て方」の記事はこちら

③水やり

夏は暑いので
水やりが欠かせません。

ですが水が多すぎると
腐ってしまいます。
夏は湿気が多いので注意してください。

「じゃあどうすれば良いの?」
とあなたは思いますよね。

まず水やりの基本
学んでください。

スポンサーリンク

水を入れるタイミングは
「土の表面が乾燥したら」です。

量は水が底にたまらないくらいに
たっぷりあげてください。

野菜はそれぞれ必要な水の量が
違います。

ですから「土の表面」
しっかり見て水をあげてください。

野菜は生き物なので
「一日に○回」と

システマチックに
考える事は危険です。

次に「入れ物の水はけ」が大切です。
底や側面に穴がある物を選ぶか
自分で穴を開けてください。

底に水がたまると
腐りやすくなるので
注意してください。

「水をたっぷりあげるが
あげすぎない」という
絶妙な調整が必要です。

初めは難しいかもしれませんが
やっていけば慣れます。

「表面が乾燥したら
水がたまらないように注意して
たっぷり入れる」を意識して
水をあげてください。

まとめ

野菜の旬を知る事が
育てる大切なポイントです。

季節に合った物を
しっかり選びましょう。

育て方は一度覚えれば
ずっと使えます。
ここで覚えておいてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ