鍋で野菜うどんを作りたい!おいしく作る秘訣を紹介します

gare_r

鍋でうどんを作ると
おいしいですよね。

野菜を沢山入れると
栄養たっぷりです。

もっとおいしく作る方法が無いのか
調べてみました。

・鍋で野菜うどんをおいしく作る秘訣
を紹介します。

スポンサーリンク

 

①アクをしっかり取る

アクがあると
おいしくありません。

クを取らないと
食中毒になる事もあるので
注意してください。

「あく抜きしないとこうなる!
食中毒に注意」の記事はこちら

あく抜きをしないと
大変ですね。

こまめにあく抜きしてください。
鍋のあく抜きは
おたまを使うと楽です。

あく取り専用のおたま、網もあるので
探してみてもおもしろいです。

「あく抜きはいつすれば良いの?」と
あなたは思うかもしれません。

あくが気になった時にしてください。
野菜の種類によって違いますが
沸騰してから5分くらいですね。

②材料を入れる順番

「材料を入れる順番」を間違えると
野菜が硬かったり
肉が生だったり大変です。

じゃがいも、ニンジンなど
硬い物から入れてください。

葉物など軟らかい物は
その後で良いです。

順番は「硬い野菜→肉→軟らかい野菜」
が人気です。

スポンサーリンク

牛肉なら良いですが
豚肉はしっかりゆでないと
食中毒の危険もあります。

順番をしっかり抑えて
安全に楽しく野菜うどんを食べましょう。

③たっぷりのお湯を準備する

鍋料理は大きな鍋と
たっぷりのお湯が必要です。

「水がもったいない!」
とあなたは思うかもしれません。

ですが水が少ないと
うどんの塩が残ったままです。

うどんをゆでないで食べると
しょっぱいですよね?

塩が残ったままだと
上手く軟らかくなりません。

・硬くておいしくないうどん
・塩からいうどん
になるのでお湯をたっぷり用意してください。

最低でも
うどんが全て浸るくらいのお湯は
準備しましょう。

沸騰してから入れるのも大切です。
「沸騰していない低い温度」で
うどんを作るとどうなるのでしょうか?

グルテンが固まりにくくなり
おいしくありません。

これは言葉で言うのは難しいので
あなた自身で試してください。

まとめ

野菜うどんをおいしく食べる為に
アク抜きをしっかりしてください。

アクが残っていると
食中毒になる事もあるので
注意してください。

材料を入れる順番は
「硬い野菜→肉→軟らかい野菜」に
してください。

ゆでるお湯が少ないと
塩からくなったりおいしくありません。

たっぷりのお湯で
ゆでてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ