キャベツやレタスの選び方はこれだけでOK!知っておきたい豆知識

gr_r

あなたはキャベツやレタスを選ぶ時に
何を見ていますか?

「見た目、重さ」など
選ぶ基準は沢山あります。

選び方を間違えると
まずいキャベツを選んでしまうかもしれません。

・キャベツやレタスの選び方
を紹介します。
しっかり覚えておいてください。

スポンサーリンク

 

①色

野菜は第一印象が大切です。
良い野菜はみずみずしくて
新鮮です。

「どんな色が良いの?」と
あなたは思うかもしれません。

キャベツは「濃い黄緑」
レタスは「キラキラした黄緑」が
新鮮の証です。

変色していたら
痛んでいるので
選ばないでください。

葉を見るのも大切ですが
芯の切り口もよく見てください。

切り口が小さくて
みずみずしい物を選んでください。

「葉、切り口」をしっかり観察して
おいしい野菜を選んでください。

②形や重さ

形も大切です。

「レタスはできるだけ丸い物
「キャベツは楕円の物」を
選んでください。

「どうして形が違うの?」
とあなたは思うかもしれません。

スポンサーリンク

レタスは軽いので
丸くなります。

キャベツは重いので
楕円になります。

重さも見てみましょう。
レタスはずっしりしている物より
軽くふんわりしている物が良いです。

ずっしりしているのは
葉の元気が無くなり
固くなっているからです。

キャベツは季節によって違います。
春キャベツはレタスと一緒で
軽い方が良いです。

夏~冬のキャベツは
重い方が良いです。

重いキャベツは
水分も中身も詰まっていて
おいしいです。

③葉

実際に葉を触ってみてください。
すぐに取れるのは
野菜が弱っている証拠です。

簡単に葉が取れない物
選んでください。

外葉が付いている物を
選ぶようにしてください。

外葉は食べる時に
剥いで捨てる所です。

「捨てるのにどうして
付いていた方が良いの?」と
あなたは思うかもしれません。

外葉がレタス、キャベツを
守っているからです。

外葉は食べませんが
汚れや痛みから本体を守るので
大切です。

もしバナナが皮なしで
売られていたら
どう思いますか?

ちょっと買いたくないですよね。

このように外葉や皮は
とても大切なので
付いている物を選んでください。

まとめ

キャベツやレタスは
まずじっくり見てください。

みずみずしい葉、
みずみずしい切り口なら
新鮮な証です。

レタスは軽くて丸い物、
春キャベツは軽くて楕円の物、

夏~冬キャベツは重くて楕円の物が
オススメです。

簡単に葉が取れない
元気な物を選んでください。

外葉は大切な役割があるので
外葉がある物を選びましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ