子供に野菜を食べさせたい!一日の摂取量はどのくらい必要なのか

ar_r

子供には沢山食べて
大きくなって欲しいです。

一日の摂取量は
どのくらい必要なのでしょうか?

他の食品も一緒に
調べてみました。

・必要な食品の種類
・0~3歳、
・幼稚園、保育園児

・小学生
・中学生

・高校生
・大学生以上
に分けて紹介します。

あなたが大人なら
「大学生以上が必要な量」を
参考にしてください。

スポンサーリンク

 

必要な種類

子供に必要な野菜の種類は
①緑黄色野菜(カボチャ、ニンジンなど
中身まで色が付いている)

②淡色野菜(玉ねぎ、大根など
中身は白っぽい)

③芋類④海藻類
⑤果物類に分けられます。

正確に摂取量を測るのは難しいです。
あくまで目安程度に考えてください。

1~3歳

0歳の時は歯があまり生えていないので
野菜は食べません。

1~3歳の時に必要な摂取量を
紹介します。

必要な摂取量は
緑黄色野菜90g
淡色野菜120g

イモ類40g
キノコ類5g

海藻類5g
果実類150g

幼稚園、保育園児

幼稚園、保育園で友達も増えて
活動量が増える時期です。
必要な摂取量を見てみましょう。

緑黄色野菜90g
淡色野菜150g

イモ類60g
キノコ類5g

海藻類5g
果実類150g

スポンサーリンク

小学生低学年

小学生になると
本格的な勉強が始まります。

スポーツ少年団に入って
運動も本格的になる子供が
多いです。

低学年と高学年で
必要な摂取量が変わります。

緑黄色野菜90g
淡色野菜150g

イモ類70g
キノコ類5g

海藻類5g
果実類150g

小学校高学年

緑黄色野菜90g
淡色野菜200g

イモ類100g
キノコ類5g

海藻類5g
果実類150g

中学生

中学生になると
勉強も部活も忙しくなります。

バランス良く食べて
勉強も部活も頑張って欲しいです。

緑黄色野菜100g
淡色野菜200g

イモ類100g
キノコ類10g

海藻類10g
果実類150g

高校生

高校生は勉強や部活だけでなく
バイトをする人も出てきます。

遠い高校に行く人は
通学だけでエネルギーを使います。

頭を使う為にも
野菜は大切です。

緑黄色野菜120g
淡色野菜230g

イモ類100g
キノコ類10g

海藻類10g
果実類150g

大学生以上

大学生は一人暮らしをしたり
就職活動など自立が大切です。

独り立ちする能力
身に着ける為に
食事は大切です。

仕送りで野菜を送ってあげるのも
良いですね。

大学生は大人と摂取量は一緒です。
あなたが大人なら
大学生の摂取量を参考にしてください。

緑黄色野菜120g
淡色野菜230g

イモ類110g
キノコ類10g

海藻類10g
果実類150g

まとめ

年齢によって
必要な摂取量は違います。

沢山食べて大きくなって欲しいですね。
人によって活動量も違うので
あくまで参考にしてください。

子供一人ひとりに
臨機応変に対応しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ