野菜の漢字がおもしろい!名前の由来を徹底的に調べてみた

aeg_r

「ひらがな、カタカナ、漢字を操る
日本人」だからこそ

「野菜の漢字」を知ると
色々分かります。

あなたは野菜の名前を
漢字で書けますか?

覚えておくと
ちょっとした時に役立ちます。

・野菜の名前一覧
・名前の由来を徹底調査
を紹介します。

スポンサーリンク

 

野菜の名前

野菜の名前を
まとめてみたので
実際に見てみましょう。

「この野菜はこんな漢字なんだ!」
と新しい発見もあります。

「野菜の名前一覧!
あの野菜の名前がおもしろい」の記事はこちら

野菜の漢字を見ると
「なんでこの漢字なの?」
と思う事もあるでしょう。

僕は不思議に思ったので
「名前の由来」を調べてみました。

「野菜のおもしろい名前の由来」
見つけたので紹介します。

名前の由来

①アスパラ

アスパラの由来って
なんだか分かりますか?

「アスパラ…」
「明日パラ…」

ちょっと考えたくらいでは
分かりませんよね。

これはギリシャ語が由来です。

ギリシャ語で「新芽」を
「アスパラガス」と
言います。

スポンサーリンク

確かにアスパラは
新芽のイメージがありますね。

②アボカド

アボカドも
由来が想像しにくいです。

アボカドは
ナワトル語→スペイン語→
日本語と伝わってきました。

「ナワトル語ってなに!」
と思いました。

メキシコのナワ族で
話されている言葉です。

僕はナワ族なんて
初めて聞きました。

このように豆知識を
調べるとおもしろいですね。

③インゲン豆

インゲンは持ってきた人の
名前です。

「インゲンって誰だよ」と
あなたは思うかもしれません。

「江戸時代の僧侶」です。
漢字で隠元と書きます。

「隠元さんが持ってきたから
隠元豆」と考えれば
漢字も覚えやすいです。

④カボチャ

「カボチャの由来は…」
と少し考えたくらいでは
分かりません。

言葉って難しいですね。
カボチャは
ポルトガル語から来ています。

南瓜というのは
カボチャの発祥地が
関係しています。

「南蛮から来たから南瓜」
考えれば
漢字が覚えやすいです。

まとめ

「野菜の漢字」を知ると
野菜の意味など
色々分かってきます。

漢字だけを見ると
覚えにくいです。

「漢字の由来」と一緒だと
漢字が覚えやすくなります。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ