野菜の価格のニュースまとめ!どうしてこうなってしまったのか

grr_r

「最近野菜の価格がおかしい」
とよく言われます。

どんな風におかしいのでしょうか?
気になったので
ニュースをまとめてみました。

・野菜の価格のニュースまとめ
・こんな事になった理由
を紹介します。

スポンサーリンク

 

野菜の価格のニュースまとめ

野菜の価格が高騰しています。
どのくらい高騰しているか
調べてみました。

2015年6月は
例年の1.2~2倍です。

野菜は毎日使うものだからこそ
価格が高くなると困りますよね。

「高すぎて野菜を買えない」と
あなたは思うかもしれません。

買わなくて良い物なら
買わないで済みます。

ですが野菜は日用品なので
買わなくてはいけません。

そんな時に役立つのが
スーパーのセールです。

「野菜の価格高騰の救世主」と
言われています。

「日頃の感謝をこめて」と
最大6割引で野菜を売ります。

「どこでそんなセールをやっているの?」
とあなたは思いますよね。
ダイエーとイトーヨーカドーです。

大手のスーパーが
このようなセールをしてくれるのは
うれしいですよね。

野菜が高いからこそ
保存方法に注目が集まっています。

梅雨時期は野菜が腐りやすいです。
高い野菜が腐ったら
困りますよね。

「役立つ保存方法」があるので
見てみましょう。

「野菜の保存方法を発表!
ポイントは育った場所」の記事はこちら

野菜が高騰しているからこそ
「一年中同じ値段の野菜」
人気です。

「そんな野菜あるの?」と
あなたは思うかもしれません。

カット野菜や冷凍野菜です。
これらは一年中値段が
変わりません。

スポンサーリンク

生野菜が高い時は
「カット野菜や冷凍野菜」を
使うのがオススメです。

他にも「安く買うコツ」を
見つけたので紹介します。

「野菜を安く買う3つのコツ!
これだけを抑えればOK」の記事はこちら

こんな事になった理由

なんでこんなに野菜が高いのでしょうか?
原因は悪天候です。

悪天候で野菜が上手く育たなくて
品数が少なくなっています。

最近は地球温暖化など
「異常気象」が多いです。

野菜も「想定外の気候」で
ビックリしているのでしょう。

天候はコントロールできません。
野菜がよく育って
安くおいしくなって欲しいです。

まとめ

2015年6月の野菜の価格は
例年の1.2~2倍です。

大手スーパーがセールなどをしていますが
野菜価格の高騰は困りますよね。

野菜が高くなった理由は
悪天候です。

異常気象が続いていますが
野菜にはしっかり育って欲しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ