カビがついた野菜は食べられるのか調査!こうすれば安心できる

gr_r

夏場は野菜が
すぐにカビますよね。

気がついたらカビている事も
少なくないです。

カビがついた野菜は
どうすれば良いのでしょうか?

対処法を見つけたので
紹介します。

スポンサーリンク

 

カビの野菜は食べられるのか

「カビ=危険」と
考えてください。

カビが生えているのは
異常な状態です。

野菜のカビは有害で
ガンになる可能性もあります。
基本的に食べない方が良いです。

「目に見えるカビ」がいると
「目に見えないカビ」も
高い確率でいます。

カビは菌糸で
目に見えないカビもあります。
注意してください。

カビが付いた野菜の対処法

「じゃあカビの野菜は
食べられないの?」と
あなたは思いますよね。

基本的にカビのついた野菜は
捨てた方が良いです。

ですが料理の食材がそれしか無い時は
捨てられませんよね。

そんな時に役立つ裏技を
紹介します。

まず「野菜の硬さ」
確認してください。

ニンジン、ジャガイモ、かぼちゃなど
硬い野菜だと
この裏技を使えます。

トマト、ブロッコリーなど
軟らかい野菜なら
迷わず捨ててください。

スポンサーリンク

「硬いか軟らかいかの基準」は
「落としても形が崩れないか」で
考えてください。

「カビがある野菜の対処法」は
「カビの部分と周辺を切る事」です。

硬い野菜はカビが内部まで
入り込みにくいです。

カビとその周りを
少し大きめに切り落としましょう。

これでカビの危険性を減らして
食べられます。

少し危険性もあるので
食材が沢山ある時は
野菜は捨てましょう。

調理後で軟らかい野菜に
カビが生えていたら
捨ててください。

カビの予防法まとめ

冷蔵や冷凍

冷蔵庫、冷凍庫に入れる時に
注意点があります。

「キレイな状態で保存する」です。
土などがついた状態だと
冷蔵庫、冷凍庫でカビが生える事もあります。

土や汚れがついていたら
洗い方を工夫して
キレイな状態で入れてください。

「野菜の洗い方まとめ!
栄養価が上がっておいしくなる」の記事はこちら

「カビの原因」を知って
原因を改善するのも
効果的です。

「カビの原因はこの3つ!
解決するにはどうすれば良いのか」の記事はこちら

まとめ

カビがついた野菜は
基本的に食べないでください。

どうしても使わないといけない時は
カビの所と周りを
大きめに切り取ってください。

カビは対処するより
予防する方が簡単で安全です。

「洗い方、カビの原因」を抑えて
安全に野菜を食べてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ