野菜にカビが生えた!3つの原因を徹底的に調べてみた

gaah_r

野菜にカビが生えたら
落ち込みますよね。

ですが生えてしまった物は
仕方ないです。

「カビが生えた時の裏技」があるので
それを使ってみてください。

カビを予防するには
「原因を解決する必要」があります。

・カビが生えた時の裏技
・カビの原因を発表
を見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

カビが生えた時の裏技

もし野菜にカビが生えたら
あなたはどうしますか?

「捨てる」「頑張って食べる」など
色々な意見があります。

そんな問題も
「カビが生えた時の裏技」を使えば
解決します。

実際に見てみましょう。
「カビが生えてどうしよう!
役立つ裏技を発表します」の記事はこちら

これはいざという時の対処です。
日頃からカビの予防をする方が
簡単で安全です。

「カビの原因」を知って
原因を改善していきましょう。

カビの原因を発表

そもそもカビって
何か分かりますか?

カビはです。
空気中の胞子が
食品について発芽、成長します。

この定義は大切なので
しっかり抑えて下さい。

①温度が高い

20~30度くらいで
カビが生えやすいです。

特に25度付近
カビが一番好みます。

スポンサーリンク

温度計を使うと
すぐに温度が分かります。

「カビが生えやすい温度」に
注意してください。

②湿度が高い

湿度が70%以上だと
カビが生えやすいです。

これを考えると
風呂場でカビができやすいのも
納得ですね。

「じゃあ除湿機で
湿度を下げれば良いの?」と
あなたは思うかもしれません。

湿度を下げすぎると乾燥して
あなたも悪影響を受けてしまいます。
注意してください。

湿度は50%ほど
カビも増えなくて
人間が過ごしやすいです。

③栄養分がある

カビが発芽、成長するには
栄養が必要です。

冷蔵庫は温度が低く
カビは生えにくいですが
生える事があります。

冷蔵庫にカビが生えたら
栄養の宝庫ですよね。

「冷蔵庫にカビが生えたら」と
考えただけで怖いです。

この3つを考えたら
野菜を外で置きっ放しにするのは
本当に危険です。

この原因を意識して
「カビの原因」を
解決してください。

まとめ

カビが生えた時は
「裏技」があるので
試してください。

カビの原因は
「温度、湿度、栄養分」です。

原因を取り除いて
カビを根から取り除きましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ