野菜炒めは弱火でおいしくなる!強火の方法と比較してみた

agr_r_r

「野菜炒めは強火で作る」が
常識ですよね。

「弱火の方がおいしい」
という意見を見つけました。

どうして弱火の方が
おいしいのでしょうか?

・弱火で作るメリット
・弱火で野菜炒めを作る方法

・強火の方法と比較
を紹介します。

スポンサーリンク

 

弱火で作るメリット

弱火だと「旨み(うまみ)やたんぱく質」
中に閉じ込めます。

強火だと「旨みやたんぱく質」が
逃げてしまいます。

あなたもお風呂に入って熱湯だと
驚いて出ちゃいますよね。
これと似たような物です。

強火は「旨みやたんぱく質」が
逃げるだけでなく
「アクや臭み」を閉じ込めてしまいます。

アクは取りすぎると
大変な事になります。

「あく抜きしないとこうなる!
あく抜きをする本当の意味」の記事はこちら

想像するだけで怖いですよね。
野菜だけでなく肉も
できるだけアクを取りたいです。

弱火は肉だけでなく
野菜にも効果があります。

野菜を高温で炒めると
ペクチンが壊れてしまいます。

弱火で炒めると
中からじっくり温めて
ペクチンが壊れません。

ペクチンは「血糖値を抑える、
コレステロールを下げる、
疲れを取る」などの効果があります。

スポンサーリンク

弱火で炒めるだけで
この効果を得られるならうれしいです。

強火だとすぐに焦げてしまいますが
弱火はゆっくり時間をかけて炒めるので
焦げる心配も減ります。

弱火の野菜炒めは
「栄養がある、焦げない、おいしくなる」
などの特徴があります。

弱火で野菜炒めを作る方法

弱火で野菜炒めを作る方法は
簡単です。

順番通り材料を入れて
炒めるだけです。

弱火の強さによって違いますが
時間は約5~10分です。
「できるだけ弱火」が大切です。

野菜炒めは順番でおいしさが決まります。
順番をしっかり抑えておきましょう。

「野菜炒めは順番が大切!
食中毒の危険を防ぐ」の記事はこちら

強火の方法と比較

「野菜炒めをシャキッと作るには強火」

「弱火だと水が出て
べちゃっとした野菜炒めになる」と
言われてきました。

ですが現在では
「強火だと水が急激に出て
べちゃっとしてしまう」と言われています。

「強火で野菜炒めを作る方法」を見てみましょう。

「野菜炒めが水っぽい!
強火で炒めるとおいしくなる」の記事はこちら

両方やってみて
比べるのも良いですね。
個人的には弱火がオススメです。

まとめ

野菜炒めを弱火で作ると
「旨みやたんぱく質が閉じ込められる」
「アクや臭みが閉じ込められない」

「ペクチンが壊れない」
というメリットがあります。

野菜炒めを弱火で作る方法は
5~10分できるだけ弱火で
炒めるだけです。

「強火の方法」と比べると
おもしろいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ