野菜は「炒める」と「生」でどちらが良いの?栄養などを比較してみた

aewr_r

「野菜は炒めると沢山食べられる」
「加熱すると栄養が無くなる」など
色々言われています。

どちらが良いのでしょうか?
様々な条件で調べてみました。

・食べやすさを比較
・栄養を比較

・健康を比較
を紹介します。

スポンサーリンク

 

食べやすさを比較

炒める

炒めると野菜の細胞壁が壊れて
軟らかくなり
消化吸収しやすくなります。

水分が無くなるので量が減り
沢山食べられます。

沢山食べたいなら
炒める事をオススメします。

しっかり噛めば
ある程度消化吸収しやすくなります。
ですが基本的に消化吸収しにくいです。

歯や胃が弱っている時
オススメできません。

栄養を比較

炒める

ビタミンBとビタミンCは
水に溶けやすい栄養です。

長時間水につけておいたり
ゆでると溶け出してしまいます。

ゆで野菜で水を捨てると
その分栄養は減ります。

「じゃあ生で食べた方が良いね」と
あなたは思うかもしれません。

ですが水につけなければ
問題ありません。

炒めたり蒸せば栄養は溶け出しません。
もしゆでる時も味噌汁やスープなど
お湯も一緒に取れば大丈夫です。

スポンサーリンク

このようにちょっと工夫するだけで
「栄養が水に溶け出す事」を
防げます。

生野菜は野菜の栄養
そのまま取れます。

ですが炒めるのと比べると
食べられる量が減ります。

炒めるとかさが減り
軟らかくなるので
当然ですよね。

健康を比較

炒める

人間は消化に
すごいエネルギーを使っています。

炒める事で消化吸収しやすくなるので
無駄なエネルギーを使いません。

「消化吸収に使うはずだったエネルギー」を
他の事に使えるので
疲れにくくなります。

生はデトックス効果
炒めるより高いです。

ですが同時に熱を奪っていきます。
日本人は欧米人などに比べて
体を冷やしやすいです。

「冷え」が進むと自然治癒力が落ちて
様々な病気になりやすくなります。

デトックス効果の為に
自然治癒力を落とすのは
意味が無いですよね。

このようにそれぞれの特徴を参考にして
どちらを食べるか選んでください。

まとめ

食べやすさは量が減り柔らかくなるので
炒める方が良いですね。

少し工夫すれば
栄養が水に溶け出す事を防げます。

沢山食べやすいので
炒める方が栄養を取りやすいでしょう。

炒めると消化吸収のエネルギーを
少しで済みます。

このように考えると
私は炒める方をオススメします。

「炒める」と「生」で
それぞれ特徴があります。

あなたに合った方を
選んでください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ