油なしで野菜炒めを作る方法!メリットも紹介します

argrg_r

おいしい野菜炒めを食べたいですが
カロリーが気になります。

もし油なしで作れたら
うれしいです。

油なしで作れるか調べてみたら
方法を見つけました。

油なしだと
沢山のメリットがあります。

・油なしで野菜炒めを作る方法
・油なしのメリット
を紹介します。

スポンサーリンク

 

油なしで野菜炒めを作る方法

油なしで野菜炒めを作る方法は簡単です。
野菜の水分、肉の脂を使う事です。

まず肉を弱火で
じっくり焼きましょう。

「野菜炒めにオススメの肉」を
紹介します。

「野菜炒めにオススメの肉はコレ!
肉体、精神の疲れが吹き飛ぶ」の記事はこちら

脂が出てきたら
野菜を入れます。
この脂で野菜炒めは十分です。

他にも・水分の多い野菜を使う
・水を少量フライパンに入れる
なども効果的です。

「肉の脂も使いたくない!」
という人がいるかもしれません。

それなら「油のいらないフライパン」を
使ってください。

フライパンの材質によって
油を使わなくても済みます。

スポンサーリンク

その材質はフレーバーストーンや
セラフィットです。

材質にこだわる事で
油の取りすぎを防ぐので
やってみてください。

油なしのメリット

油なしのメリットって
何だと思いますか?

簡単に言うと
「油の取りすぎを防げる」です。

油を取りすぎると
・肥満・生活習慣病、

・血液が流れが悪くなる、
・血管が破裂する

・ガンになる
などの可能性があります。

想像するだけで怖いですよね。
油を取り過ぎなければ
このような問題にはなりません。

「油なしだと
このような問題を防げる」と考えれば
大きなメリットですよね。

「油の取りすぎってどのくらい?」
とあなたは思うかもしれません。
一日に必要な油の量は30~40gです。

もし油を使う時は動物脂ではなく
オリーブオイル、ごま油などを
使ってください。

油でも良い油と悪い油があるので
注意してください。

特に酸化した油は心臓疾患、
アレルギー、ぜんそく、皮膚炎などに
なる可能性があります。

古い油は使わないようにしてください。
「古い油はどうすれば分かるの?」
あなたは思うかもしれません。

「色が普通の油より濃い」
「油が粘っている」

「煙が必要以上に出る」などは
古い油のサインです。

覚えておくと
いざという時に役立つでしょう。

まとめ

野菜の水分、肉の脂を使うと
油を使わないで済みます。

フレーバーストーンや
セラフィックのフライパンを
使ってみてください。

使うだけで油の節約にもなります。
油を取りすぎると
大変な事になります。

「一日に必要な油の量」を
しっかり把握しておきましょう。

良い油と悪い油があるので
見分けが付くようにしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ