野菜の選び方と保存方法を発表!これで野菜を無駄にしない

gr_r

あなたは「野菜の選び方、保存方法」
を知っていますか?

「選び方と保存方法」で
おいしさ、栄養、安全
変わってきます。

一度知ればずっと使えます。

これを機会に
「正しい選び方、保存方法」
を知ってください。

スポンサーリンク

 

野菜の正しい選び方

「野菜の選び方」を効率よく学ぶには
アプリと本がオススメです。

無料の物もあるので
試してください。

アプリ

あなたがスマホを持っているなら
アプリを試して損はありません。

スキマ時間を使って
野菜を学んでみましょう。

「節約方法、栄養、旬」
など色々な事が分かります。

無料のアプリもあるので
試してください。

「野菜を選ぶ時はアプリが便利!
無料なのに有料級」の記事はこちら

本は大きくて
詳しく書いてあります。

「じっくり学びたい」
「デジタルよりアナログの方が好き」

とあなたが思うなら
本がオススメです。

スポンサーリンク

他の人に貸すのも簡単なので
一家に一冊あっても良いですね。

子供と一緒に読むと
子供も一緒に勉強できます。

「野菜の知識」はずっと使えるので
家族や友達と一緒に本を読むのは
良いですね。

「野菜の知識は本が勉強しやすい!
良い本を選ぶ2つのポイント」の記事はこちら

「時間が無い時はアプリ、
じっくり学びたい時は本」と
使い分けても良いですね。

野菜の正しい保存方法

「野菜の選び方」が分かったら
次に「保存方法」を見てみましょう。

野菜の保存方法を間違えると
腐ったりカビが生えたり大変です。
しっかり抑えておきましょう。

冷蔵庫に入れるか、
常温保存か迷う時って
ありませんか?

「育った所の状態」
保存するのが一番長持ちします。

夏野菜や秋野菜は
冷蔵保存しないでください。

「野菜の旬」を見れば
何が夏野菜、秋野菜かが
すぐに分かります。

「おいしい野菜を食べたい!
野菜の旬を一覧で紹介します」の記事はこちら

「育った所の状態」は
温度だけでなく向きもそうです。

「ニンジンや葉野菜の上下」など
気をつけてください。

調理後はラップやジップロックに入れて
冷蔵庫に入れてください。
できるだけ密閉する事が大切です。

野菜は水分が蒸発すると
悪くなりやすいです。

直射日光が当たらない場所
保存してください。

まとめ

「 野菜の正しい選び方」は
アプリや本で学ぶと
楽しく分かりやすいです。

保存方法は「育った所の状態」を
意識してください。

「温度」「向き」などを
しっかり考えましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ