野菜を英語で話すとかっこいい!かっこよく使う秘訣とは

gr_r

野菜を英語で言うと
英語の勉強にもなり
楽しくなります。

普段日本語を使っているので
英語を使うと刺激になり
新鮮な気持ちになれます。

料理、英語の両方に効果があるので
「かっこよく使う秘訣」を
知っておきましょう。

スポンサーリンク

 

①発音に気をつける

「英語を使う時にかっこいいか
かっこ悪いか」は
発音で決まります。

発音が悪いと
「この人かっこつけてる」
思われてしまいます。

英語をかっこよく使う為に
「発音」をしっかり身に着けましょう。

スポンサーリンク

「どうやって発音を身に着けるの?」
とあなたは思いますよね。

「発音記号をマスターする」
「英語に触れる機会を増やす」
が大切です。

発音記号が分かれば
初めての英語でも読めます。

英語に触れる機会を増やして
ネイティブの発音を
身に染み込ませてください。

日本語で「アップル」と言うより
「アポー」のように言う方が
カッコいいです。

日本語読みではなく
英語読みできるようになりましょう。

②沢山の英語を覚える

「この英語は分かるけど
この英語は分からない」と言っていたら
ちょっとかっこ悪いですよね。

沢山の英語を覚えたら
「これは英語で○○、
これは英語で□□」と言えます。

「英語かっこいい!教えて」
と周りの人から人気を得る事もできます。

沢山の英語を覚えましょう。
とりあえず「野菜の英語一覧」
見てください。

「野菜の英語一覧!
何て言うのか調べてみた」の記事はこちら

これを覚えておけば
ある程度の野菜は
英語で言えるようになります。

③野菜以外の英語も身に着ける

英語は野菜だけではありません。
料理道具、食器など
覚える必要があります。

「野菜は分かるけど
他の物は英語で話せない」
となったらかっこ悪いです。

ある程度の周辺知識は
覚えておきましょう。

全ての英語を覚える必要はありませんが
料理道具や食器の英語は
欠かせません。

単語だけで覚えるよりも
文章で覚える事をオススメします。

文章で覚えると
文法や語順も覚えられて
便利です。

まとめ

野菜を英語で言うと
カッコいいです。

「カッコ良く見えるポイント」が
あるので抑えておきましょう。

英語を話す時は発音が
とても大切です。

日本語読みではなく
英語読みをするようにしましょう。

野菜だけでなく
食器、料理道具などの英語も
一緒に覚えてください。

文章で覚えると
周辺知識が付くのでオススメです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ