野菜をベランダで栽培する!簡単に育てる方法を紹介します

「少しずつ成長していく野菜」を
ベランダで育てると
どんどんかわいくなります。

畑を使わなくても
ベランダで野菜を育てられます。

育てる時も食べる時も
楽しいです。

「ベランダで野菜を育てる方法」を
見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

①プランターを準備する

ベランダで野菜を育てるには
プランターがオススメです。

花のプランターでは
小さい事が多いです。

野菜用のプランターを
準備しましょう。

「どんなプランターを選べば良いか
分からない!」と
あなたは思うかもしれません。

そんな時に役立つ3つのコツを
紹介します。

「プランターで簡単に野菜を育てる
3つのコツを発表!」の記事はこちら

「プランターを選ぶコツ」だけでなく
「野菜、肥料を選ぶコツ」もあるので
参考にしてください。

プランター、野菜、肥料を選んだら
具体的な育て方を見ていきましょう。

②日光に当てる

日光は植物の成長に
とても大切です。

できるだけ日光を当てるように
してください。

「日当たりが悪い場所に住んでいる」
とあなたは思うかもしれません。

そんな時はLEDライトを
使ってください。

スポンサーリンク

LEDは電気代が安く
流行の電気です。

省エネなので
電気代節約に効果的です。

丈夫なので
長い間使えるのも
うれしいですね。

LEDはお財布だけでなく
体にも優しいです。

熱くないので
子供が触っても安心です。

「赤外線、紫外線」が少なく
体に優しいので
使ってみてください。

LEDが使われている信号も
沢山あります。

これからの電気は
どんどんLEDに変わっていくでしょう。

③水やり

水やりで大切なのが
バランスです。

水が少なすぎると枯れてしまい
多すぎると腐ってしまいます。

その為にも
穴があるプランターを選んで

水はけが良くなる様に
しておきましょう。

底に穴があると
虫が入りやすいです。

プランターの穴は
底にある物も良いですが
側面にある方が良いです。

「底にあるのじゃダメなの?」と
あなたは思うかもしれません。

「害虫が入りにくくする為」に
側面にある方が良いです。

害虫が野菜を食べたり
弱らせたりするので
注意してください。

まとめ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ