野菜を洗う時にスポンジやブラシを使うと効果的!

ae_r

あなたは野菜を洗う時に
スポンジやブラシを使っていますか?

「水で落とすだけで十分だよ」と
思うかもしれません。

ですが土などは
スポンジやブラシを洗う方が落ちます。

・スポンジやブラシで洗う方法
・スポンジやブラシを使う注意点
を紹介します。

スポンサーリンク

 

スポンジやブラシで洗う方法

①スポンジやブラシを準備する

スポンジやブラシは
野菜専用の物を準備してください。

食器用や掃除用を使うと
洗剤がついていたり汚かったりします。

②野菜をお湯で洗う

スポンジやブラシで洗う時に
お湯を使ってください。

水よりも洗浄効果が高く
おいしくなります。

「お湯で洗うとおいしくなる!
最適な温度と時間を発表」の記事はこちら

お湯で洗うのに大切なのが
「温度と時間」です。
しっかり確認しておいてください。

「熱くて洗えない」という時は
ゴム手袋を使ってください。

③水気を取る

すぐに使う時は
軽く水を切りましょう。

使わない時は拭いたり乾燥させて
冷蔵庫に入れてください。

これでおいしくキレイになりました。
スポンジやブラシで洗うのは終わりです。

スポンサーリンク

「スポンジやブラシで
洗う時の注意点」があるので
見てみましょう。

スポンジやブラシを使う注意点

①野菜専用の物を使う

スポンジやブラシは
食器を洗う時に使いますよね。

野菜を使う時には
別のスポンジ、ブラシを用意してください。

食器を洗ったスポンジは洗剤が付いています。
野菜は食べる物なので
キレイなスポンジやブラシを用意しましょう。

②野菜によって使い分ける

「ほうれん草などの葉野菜」は
スポンジやブラシで洗うと
折れたりします。

逆にゴボウなどは水洗いでは
なかなか土が落ちません。

ブラシを使うと
簡単に汚れが落ちます。

野菜の硬さで
水洗い、スポンジ、ブラシと
使い分けてください。

「軟らかい野菜は水で洗う、
普通の野菜はスポンジ、
硬い野菜はブラシ」と
考えましょう。

中には「皮も一緒に向けるブラシ」があります。
角ばっている野菜は
包丁で一つ一つむくのは大変です。

「皮も一緒に向けるブラシ」を使うと
簡単に皮がむけます。

こんなブラシが一つあると
便利です。

これを使うと楽しいので
子供も遊び感覚で
料理を手伝ってくれるでしょう。

まとめ

スポンジやブラシは
土などがよく落ちるので
やってみてください。

お湯を使うと
水より効果が高いです。

食器を洗ったスポンジではなく
新しいスポンジを用意してください。

野菜の硬さで水洗い、
スポンジ、ブラシを
使い分けましょう。

「皮もむけるブラシ」を使うと
楽しく料理ができます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ