「野菜を洗うのが面倒くさい時」に役立つ思考法

rwe_r

「野菜を洗いたくないけど洗わないと…」
と面倒くさい時って
ありますよね。

仕事や育児などでクタクタな時は
できるだけ簡単に料理したいです。
ですが洗わないとダメです。

・野菜を洗いたくない時に役立つ思考法
・やっておきたい洗い方
を紹介します。

スポンサーリンク

 

野菜を洗いたくない時に役立つ思考法

野菜を洗いたくない時は
洗わなかった未来を想像してください。

・農薬まみれで病気になる
・家族に怒られる

・土や虫がついていて食べたくない
など想像してください。

極端に想像する事が
行動するコツです。

これは野菜を洗いたくない時
以外にも使えます。

勉強したくないなら
「勉強しないとニートになる」

仕事をしたくないなら
「仕事をしなかったらホームレスになる」
など想像してみましょう。

これは人間の心理学で
よく使われます。

この思考法をやると

「やらないとこんな事になる!
じゃあやらないとまずい」
脳が思って行動し始めます。

野菜は洗わないと
危険な事になる可能性があります。
野菜は基本的に洗ってください。

やっておきたい洗い方

実際に洗い方を紹介します。
オススメの洗い方があるので
一つずつ見ていきましょう。

①お湯で洗う

あなたは野菜を洗う時に
何で洗っていますか?
「水で洗っている!」と言うかもしれません。

スポンサーリンク

お湯で洗うだけで農薬、土、虫が
落ちやすくなるだけでなく
新鮮でおいしくなります。

「お湯に変えるだけでこんなに効果があるの?」
と驚くでしょう。

「お湯で洗うとおいしくなる!
最適な温度と時間を発表」の記事はこちら

②重曹で洗う

重曹は掃除にも使われるように洗浄力が高く
食用なので安心です。

「土、農薬、虫がしっかり落ちるのに安全」
ってうれしいですよね。

野菜を洗った重曹水は
掃除に再利用できます。

地球にも優しいので
試してください。

「重曹で洗うと農薬も落ちる!
すさまじい効果に驚き」の記事はこちら

③スポンジ、ブラシを使う

何も使わないで洗うのも良いですが
スポンジやブラシを使うと
さらに効果が高いです。

皮をむけるブラシがあります。
このブラシは遊び感覚で料理ができるので
オススメです。

「スポンジ、ブラシで洗うと
効果が抜群!」の記事はこちら

まとめ

野菜を洗うのが面倒なら
「やらなかった未来」を考えて
自分を無理やり行動させましょう。

お湯、重曹、スポンジ、ブラシを使うと
効果的に野菜を洗えます。
試してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ