あく抜きが必要な野菜をまとめてみた!あく抜きの方法も紹介

aer_r

野菜がおいしくても
あく抜きをしないと
食べられません。

あく抜きが必要な野菜って
色々あって覚えるのが大変ですよね。

あく抜きが必要な野菜
あく抜きの方法を調べてみました。

「あく抜きの必要な野菜って
こんなにあったの?」
とあなたは驚くかもしれません。

・3つの野菜のあく抜き方法
を紹介します。

スポンサーリンク

 

①春菊

春菊は火が通りやすいので
沸騰したお湯であく抜きをします。

春菊がしっかり浸る量の水を
沸騰させてください。

沸騰したお湯に一つまみの塩を
入れてください。

お湯で1分ほど茹でたら
水でさっと洗いましょう。

葉が軟らかくても
茎が硬い事があるので注意してください。

茎が硬い時は軟らかくなるまで
待ちましょう。

茎を先に入れたり
よく茹でられるように意識してください。

スポンサーリンク

葉の裏側に土や虫が
付いている事があります。

あく抜きはもちろん
洗い方もこだわってください。

「お湯で洗うと土や虫が落ちる!
最適な温度と時間を発表」の記事はこちら

②インゲン豆

インゲン豆のあく抜き方法は
お湯で茹でます。

お湯を沸騰させて
インゲン豆を入れてください。

煮立ってくるとあくが出てくるので
茹でたお湯を捨てましょう。

ザルを使いインゲン豆を
さっと水洗いしてください。

その後は普通の調理方法で
問題ありません。

あく抜きは基本的に一度で良いですが
「茹でたお湯を捨てる」を
2回やればさらに安全です。

インゲン豆の中で
白インゲン豆は加熱しないと
食中毒になる事があります。

注意してください。

③アスパラ

アスパラのあく抜き方法は
春菊とほぼ一緒です。

まず根元を切りましょう。
根元は硬いので捨ててください。

お湯を沸騰させて
塩とアスパラを入れてください。

1分ほど茹でたら
あく抜き完了です。

日本産はあくが少ないですが
フランス産はあくが多めです。

産地によって
「あく抜きをどれくらいするか?」を
変えても良いですね。

あく抜きは面倒くさいかもしれませんが
安全においしく食べる為に
やってみてください。

まとめ

野菜をあく抜きすると
おいしくなるので
やってください。

それぞれの野菜で
あく抜き方法が違います。
しっかり見て覚えてください。

あく抜きをしないと
食中毒になる事もあるので
注意してください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ