野菜をあく抜きをする意味!どうして必要なのか調べてみた

aerg_r

「野菜のあく抜き」って
大変ですよね。

そもそもなんであく抜きを
するのでしょうか?

あく抜きをしなくても
おいしい野菜って
沢山ありますよね。

・あく抜きをする意味
・あく抜きをしないとこうなる
を紹介します。

スポンサーリンク

 

あく抜きをする意味

あく抜きの意味は
「無駄な渋み、えぐみを取る」です。

えぐみって何でしょうか?
えぐみは苦味と似ていますが
少し違います。

えぐみのある物を口に入れたら
舌が荒れます。

そんな物を食べたら
食欲が無くなりますよね。

その為にあく抜きをします。
おいしい野菜もあく抜きをしないと
おいしくありません。

しっかりあく抜きをするように
してください。

スポンサーリンク

「野菜のあく抜きをしなくても
おいしかったよ!」と
あなたは思うかもしれません。

あく抜きは必要な野菜と
必要ない野菜があります。

まとめたので見てみましょう。
「あく抜きが必要な野菜まとめ!
あく抜きの方法も紹介」の記事はこちら

「この野菜もあく抜きが必要だったの!?」
あなたは驚くかもしれません。

あく抜きをしないとこうなる

あく抜きしないと
どうなるのでしょうか?

ふきのとう、ワラビなど山菜は
発ガン物質もあり
そのまま食べるのは危険です。

鉄分、カルシウムの吸収を
邪魔する物もあります。

鉄分が不足すると
免疫低下、貧血、皮膚病、幻覚、
味覚異常などがあります。

カルシウムが不足すると
骨、歯が弱くなる、

成長不足、動脈硬化、
イライラするなどになります。

想像するだけで怖いですよね。
鉄分、カルシウムをしっかり吸収するように
あくは取ってください。

あくは結石の原因にもなります。
結石は腹痛、嘔吐、排尿障害、
血尿、激痛などがあります。

激痛な病気なので
なりたくないですよね。

「こんなに沢山
あくにはデメリットがある」と
あなたは知っていましたか?

普通は考え付きませんよね。
「野菜は体に良い!」と思う人が
多いです。

ですが間違った調理方法
(あく抜きをしない等)だと
体に悪いです。

しっかり調理方法を
抑えておきましょう。

まとめ

あく抜きの意味は
無駄な苦味やえぐみを取る事です。

あくが残っていると
発ガン、体調不良につながるので
注意してください。

あくが残っていると
野菜を食べても健康になりにくいです。

あくをしっかり取って
安全な野菜を食べてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ