野菜の揚げ物は温度が大切!最適な温度と時間を発表します

gr_r

揚げ物を作るなら
おいしく作りたいです。

おいしく作るのに大切なのが
温度と時間です。

温度や時間がいいかげんだと
おいしくできません。

最適な温度と時間を紹介するので
参考にしてください。

スポンサーリンク

 

最適な温度

最適な温度は
「衣が無い素揚げ」
「衣がある衣揚げ」

「ほうれん草など軟らかい野菜」
「じゃがいもなど硬い野菜」
によって違います。

それぞれの最適な温度を紹介します。

柔らかい野菜の素揚げ 150度
固い野菜の素揚げ   160度

柔らかい野菜の衣揚げ 170度
硬い野菜の衣揚げ   180度

野菜を入れすぎると
温度が上手く上がりません。

「野菜が必ず油と接する」を意識すると
入れすぎを防げます。

「どうやって温度を計るの?」
とあなたは思ういますよね。

温度計を入れると壊れるので
入れないでください。

スポンサーリンク

温度を計る方法は簡単です。
箸を用意して箸の先を
油に入れてください。

150度は小さな泡がゆっくり出ます。
160度は小さな泡が出ます。

170度は小さな泡が速く出ます。
180度は泡がすさまじい速さで出ます。

これを意識すれば
簡単に温度が分かります。

言葉だけでは分かりにくいので
実践を繰り返して
体で覚えてください。

最適な時間

温度が分かったら
時間を意識しましょう。

揚げる時間が短ければ硬かったり
衣が上手くつきません。

揚げる時間が長いと
焦げてしまって大変です。

揚げ物に最適な時間
発表します。

軟らかい野菜の素揚げ 8分
硬い野菜の素揚げ   10分

軟らかい野菜の衣揚げ 1分
硬い野菜の衣揚げ   3分

切る大きさで揚げる時間は
変わります。

揚げる時に目を離さないで
微調整してください。

他にもおいしく作る秘訣があるので
紹介します。

あなたが揚げ物を作る時に
参考にしてください。
「揚げ物をおいしく作る3つのポイント!」

揚げ物はおいしいですが
カロリーが気になりますよね。

ヘルシーに揚げ物を作るコツも
紹介します。
「揚げ物をヘルシーに作る3つのコツ」の記事はこちら

まとめ

温度や時間は素揚げ、衣揚げ、
野菜の硬さで変わります。
一覧を参考にしてください。

揚げ物は温度と時間がとても大切なので
しっかり抑えてください。

「おいしく作る方法、ヘルシーに作る方法」を
組み合わせれば
すばらしい揚げ物ができるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ