野菜の揚げ物を上手く作りたい!3つのコツを発表します

aer_r

野菜の揚げ物はおいしいですよね。
ちょっとしたコツを知れば
揚げ物がさらにおいしくなります。

おいしい揚げ物を想像するだけで
楽しいですよね。

「揚げ物を作る時に欠かせない
3つのポイント」を発表します。

スポンサーリンク

 

①衣をつけるか、つけないか決める

揚げ物は素揚げと衣揚げがあります。
衣揚げは天ぷらなどですね。

「衣をつけるか、つけないか」
あらかじめ決めておきましょう。

野菜はどちらでも良いので
あなたが好きな方を選んでください。

「衣揚げと素揚げ、どっちにしよう…」
とあなたは思うかもしれません。

衣揚げは素揚げの2倍時間がかかります。
さっと料理したいなら
素揚げをしてください。

カロリーは素揚げより
衣揚げの方が高いです。

「ヘルシーに食事をしたい!」
という時は巣揚げをオススメします。

「衣揚げのカリッとした食感」も
捨てられません。

このような情報を参考にして
どちらにするか選んでください。

②温度に気をつける

「揚げ物のおいしさは温度で決まる」
言っても良いです。

揚げ物の温度は
特に意識してください。

最適な温度は「野菜の硬さ」で
変わります。

じゃがいも、ニンジンなど
硬い野菜は170度前後、

ほうれん草など軟らかい野菜は
160度前後にしましょう。

「どうやって温度を測るの?」と
あなたは思いますよね。

温度計を入れると壊れるので
注意してください。

箸を使うと簡単です。

油に箸を入れて
泡が小さいなら160度前後、
泡が大きければ170度前後です。

③しっかり水と油を拭く

野菜の水をしっかり拭かないと
油がはねる事があります。

揚げ物を作ろうとして
やけどしたら悲しいですよね。

揚げる前にしっかり乾燥するか
よく拭いてください。

水分だけでなく作った後の油
注意してください。

脂ぎっていると
どんなにおいしい揚げ物でも
おいしくありません。

油の取りすぎはメタボにもつながるので
注意してください。

まとめ

野菜の揚げ物で衣をつけるかどうか
決めてください。

素揚げ、衣揚げでそれぞれの特徴があります。
特徴をしっかり抑えて
選んでください。

揚げ物は油の温度が大切です。
野菜の硬さで温度を変えてください。

水がついたまま揚げると
やけどするかもしれません。

油の取りすぎはメタボになるので
注意してください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ