野菜の揚げ物でカロリーを抑える3つのコツ

rag_r

天ぷらやフライなど
揚げ物はおいしいですよね。

ですがカロリーが気になります。
おいしくても太ったり
メタボになったら困ります。

揚げ物カロリーを抑えたいので
コツを調べてみました。

・カロリーを抑える3つのコツ
を紹介します。

スポンサーリンク

 

①素揚げにする

揚げ物は「衣をつけない素揚げ」と
「衣をつけない衣揚げ」があります。

衣揚げより素揚げの方が
カロリーが低いです。

衣揚げは衣が油を吸うので
カロリーが高くなります。

もし衣揚げをしたい場合は
・衣を薄くする

・野菜と油が接する面積を減らす
(小さく切り過ぎない)
などを意識してください。

ちょっと意識するだけで
低カロリーになるので
覚えておいてください。

「衣揚げと素揚げ、どっちが良いかな?」
と思った事はありませんか?

揚げ物を作る時に
ほとんどの人が考える問題です。

それぞれの特徴を知って
好きな方を選んでください。

「素揚げと衣揚げを徹底比較!
おいしく作る3つのポイント」の記事はこちら

②料理後の油を拭く

料理後の油を拭かないと
おいしくなくカロリーも高くなります。

あぶらぎった揚げ物は
食べたくないですよね?

おいしくなくてカロリーも高いなんて
デメリットしかありません。

「料理後の油はしっかり拭く」
意識してください。

しっかり拭くと
おいしくなって
カロリーも下がります。

あらかじめキッチンペーパーなどを
準備してください。

「油をイチイチ拭くのはめんどくさい!」
という時は

「フッ素樹脂加工のフライパン」を使うと
少ない油で済みます。

③食べ合わせに気をつける

揚げ物だけで食べると
消化・吸収しにくいです。

キャベツと一緒に食べたり
レモンをかけてください。

消化吸収を助けてくれたり
酸化した油を中和してくれます。

「ちょっとした食べ合わせ」を知っておくと
一見カロリーが高い揚げ物も
安心して食べられます。

野菜は脂肪燃焼効果があるので
揚げ物を食べる時は
野菜を多めに食べてください。

まとめ

揚げ物は素揚げにすると
カロリーが低くなります。

衣揚げをする時も
衣を薄くしたりすると
カロリーを抑えられます。

キッチンペーパーで油を拭いたり
フッ素樹脂のフライパンを使い
少ない油で済ませてください。

キャベツやレモンと一緒に食べると
揚げ物が消化・吸収が
スムーズにできます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ